ヒカリギフトのメッセージ

本日も美しい心で

記事一覧

  

秋分のヒーリングのお知らせを更新しました。
よろしければご覧ください。


8月もありがとうございました。
まだまだ暑い日が続きますが、日々笑顔で過ごせますように。

  

今日はたくさんメールを書いています。
大雑把な共通点から出ているテーマは「調和」です。
調和というのは本当に難しい・・究極のバランスゲームです。
極めることができたら最強ですね。


私が子どものころにかわいがってくれた伯母がみまかり、
子どもにも気を使ってくれて優しい人だったなと思い出しながら、
朝食は伯母の分も用意して手を合わせました。
親戚づきあいが希薄なので何十年も会っておらず、思い出だけがあります。
三桁に手が届きそうな長寿でしたので大往生と思いますが、
軽々しくいってはいけない言葉のようです。
いくつであっても「まだまだお若いのに」という方が無難らしく、
いつも微妙な気持ちで聞いています。

  

枯渇しないように休んだり充電しつつ、
自覚しているより疲れている方も多いと思いますので、
頑張りすぎないようにお過ごしください。

  

最近はスカイプやお電話でのセッションと対面セッションの比率が逆転しています。
去年も一瞬そんな時期がありました。
どちらも通常通り対応していますが、
タイミングによりいつもより対面は少しお待たせしてしまいます。


情報に振り回されてしまうことも多いですが、
何が正しいか、信じられるか、それを見つけることも大切ですが、
もっと重要なのは、なにごとも感情的に対応しないことです。
自分が信じる者の正当性を高めるためにほかの何かを攻撃したりしないことです。
情報に振り回されて家庭内で不調和が出たり、居心地が悪くなるなんて、
本当にバカバカしいことです。

  

土日のヒーリングを受け取ってくださった皆さまへ改めて感謝します。
ご感想のメールもいくつもいただき、嬉しく拝読いたしました。
急な思い付きで行いましたが、やってよかったです。
ありがとうございました。

  

少し前に満月に入りました。
きれいなお月さまです。

各地でお天気がまだまだ気になりますが・・・

今できることをして過ごします。
私はお月見をしながら最近夢中になっているツボ押しをしたり、
以前親友からもらった手紙を読みかえしたりして過ごしています。
血流も良くなってハートも暖かくなって、私の中も満月のようです。

  

受け取ってくださった(くださる)皆さま、ありがとうございます。

たった2日間でしたが、ヒーリングできて良かったです。
たくさん受け取ってください。

昨日も書きましたが、
長引く状況に引っ張られて、自分の足元が危うく感じたり、
調子が良い人がそれを後ろめたく感じるようなあおりも出てきました。
そういった人の心が負に傾いて連鎖するのは恐ろしいことです。

今回のヒーリングがそういった連鎖を断ち切り、
リセットのためのきっかけとなれば幸いです。

ありがとうございました。

  

受け取ってくださった(くださる)皆さま、ありがとうございます。

この状況が長引くにつれて、ついつい本来の考えから外れてしまうこともあります。
「大変な人がたくさんいるのに自分はいつも通りでいいのだろうか」
「自分は元気で生活できているが、それは幻ではないのか」
「症状はないけれども本当は感染しているのかもしれない」
というような、ふっと心の好きを突いて闇が生まれることがあります。
でもそれは幻想です。
元気なら、調子が良いなら、うまくいっているなら、それが本当に真実です。
揺らがないで、いつも通りお過ごしください。

明日も同じようにヒーリングを設定します。
どうぞ受け取ってください。

  

今週末、土曜日と日曜日の両日、
それぞれ午前8時以降にどなたでも受け取っていただけるようにヒーリングをします。

日々のニュースに恐怖を感じている方、
周りで感染者が出て不安が強くなっている方、
流されないで、心をしっかり持ってください。
そんな方のためのヒーリングをします。

【受取方】
宣言します。
「私はわーにゃから今日のヒーリングのエネルギーを受け取ります。
私は私の心身の健康を信頼し、心身の健康を愛し感謝します。
世界の真実を信頼します、ありがとうございます」
あとは5分くらい静かに過ごしていただけると良いと思います。
お忙しい方はそのまま日常にお戻りいただいて大丈夫です。
たっぷりと流します、たっぷりと何度も受け取ってください。
どちらも当日限り有効です。

  

暑さが戻り・・ひぐらしの声が聞こえています。

来月は秋分がありますが、
お知らせしている通り、1ヶ月間の「秋分までのヒーリング」はありません。
直前の一週間くらいのヒーリングはあります!
9月に入りましたら受付します。

子どものころは生きる目的を考えることもなく、
朝起きて夜寝て、ちゃんと生きていました。
大人になったら、生きる目的とか、
この先どうなるのか、とか、考えだして
必死になるにつれて生きるのが下手になりました。
と、思っていたころもありました。
でも、考えてみたら下手とか上手とか何が基準なのかといったら、
誰かに比べて、とか、社会的に、とか、どうでもいいものでした。
下手になったなと感じたのは、もっと快適に過ごせるはずという確信が根にあり、
ただそれだけのこと、交差点に信号があるがごとく渡ったり曲がったりするだけ。
とかく人は偽物の向上心を振りかざしたくなるものです。
最近は本当にそう思います。
もっと心を大切に過ごすことのほうが優先です。
それはうまいとか下手とかではなくて。

ナビゲーション

PHP Blog